FC2ブログ

滑り台

若は滑り台に目がない。公園で滑り台を見つけると即走っていく。
大抵の滑り台は一人でも登りきって滑っていたのだが、一つだけ彼の行く手を阻む滑り台があった。
なにが違うかというと、どうやら登る為の足場がはしご状態である。これが駄目なようだ。
見ているこっちが冷や冷やするほど傾斜が急で細い足場でも階段であれば躊躇なく登っていく若が。
たかが一段はしごになっているだけで、そこだけはどうしても私の手助けを必要とする。
別に手助けするのはいいんですけどね~。そういうちょっとした違いがある事が面白いなぁ~と思ってこれまで付き合っていた訳ですが。
昨日昼間に件の滑り台で遊ばせていると…。

一人で上りきった!!!

とうとう出来たかと私は新鮮な喜びだったけど、一体いつ何がきっかけで登れるようになったのか?
振り返って見るとその前日。お嬢の友人とそのご姉妹と遊ばせて頂いていて。
れいの滑り台にもみんなで楽しんでいたのだった。沢山の子供達、彼にとってみればお姉さまに必死に付いていこうと我武者羅によじ登ってそれでいつのまにか出来るようになったみたい。
で、一度付いた自信は揺ぎ無いものとなり今回苦手意識を完全克服したというからくり。
これまでも私が手を貸すついでに練習はさせてたんですけどね、やはり子供同士はモチベーションが違うわ。

滑り台大好き~なんて共感してくださる方
宜しければぽちっとお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

74tama

Author:74tama
2002.7.19生まれ.のんびりマイペースな9歳女子と
2007.5.22生まれ.せっかちで猪突猛進な5歳男子の
成長観察日記。

いきてます
本宅に書くまでもない74tamaの呟き。 時々鬱イートやボヤキも有ります。
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセク解析
ろうそく足