FC2ブログ

たまちゃん一家のような家族

週末。お嬢は子供会の歓迎会やら近々開催される子供会別のドッチボール大会の練習やらで忙しく出かけていった。
今まではこういう場合必ず私がついていったのだが、小学生ともなると子供達だけで出かけるようになるんですよね(勿論役員さんがついていますが)
こうやって親の手から少しずつ離れていくのは成長の証なんだなと微笑ましくお嬢の後姿を見送る私。

で、タイトルのたまちゃん一家なんですが。ちびまる子に出てくる、まるちゃんの友人たまちゃんのパパみたいなお父さんがいるご家族が近所にいたんですよ。
厳密には微妙に違うんですけど、私の第一印象が「あっ、たまちゃん一家!」と思ったもんですから。

この家族。一人娘のお譲ちゃんをそれはそれは可愛がっております。独りで集合場所に出かけ、独りで地域の子供たちと遊べているのか心配でしょうがない。
歓迎会の後、本当は解散だったのですが急遽ドッチボール大会の練習をしようという事になり、近所の公園に集合となった時。
私は玄関先までしか送り出さなかったんですが、そのご両親はこっそり公園まで後をつけていった模様。
何で知ってるかというと、実はそのお母さんから娘が心配だと私の携帯に電話がかかってきたから。まぁ様子を見に行ってもいいかと思ったので私も後から顔を出したんですが。
そこでこっそり様子を窺う、お母さんお父さんを発見いたしました。
こっそりというのは、お嬢さまに見つかると「もう(恥ずかしいから)ついてこないで」と言われるから。
実際何度かこの光景は見かけたことあるんだ。
母が心配性は良く見るけれど、お父さんが心配性(そんな漫画昔あったね)って私にとってはとても新鮮で。
そんなわけで私はこの家族を密かに「たまちゃん一家」と呼んでいるのです。とっても愛情いっぱいで幸せな一家だと思うんです。

そんなご家庭のお母さんからこんな発言が飛び出した。
「練習は娘がどうしても行きたいと言うから参加させてるけど試合は止めておくの。だって試合ともなれば真剣勝負。近所のママ友に聞くと一年生は的にされやすいらしいし。そんなの危なくってしょうがないじゃない。娘に痛い思いをさせるのは可哀相だもの。パパもヤメロって」

…。
そ、そっかぁ~。
それは想定してなかった。そこまで気が回るなんて尊敬します。
でも。
でもねぇ~。
ちょっとそれはいかがなものかと。
実際公園で見たお嬢さんはそれはそれは楽しそうにしていたんです。
まぁね~。一回ボールがぶつかってお嬢さんわぁんわぁん泣いて「ほらやっぱり」みたいな事はあったんですけど。
でもゲームだし、それ込みでドッチボールは面白いし、何より子供の成長に繋がると思うんだけどなぁ~。
なんか子供のやる気を危ないからって始めから摘み取るっていうのもなぁ~と思ったわけです。

多分家の義母と話が合うかもな、このお母さん。義母もこういった事言いそうだもん。
ドッチボール参加は黙って見逃してましたが、本当はあんまり良く思ってないかもな。
ましてや「こんな事いってたお母さんがいて」なんて言おうものなら「やっぱりそうでしょう。絶対だめぇ~」って言いそう。

何にしてもいろんな考え方があって参考になる事いっぱいです。
ただ自分にあってるかどうかは別の話ですけど。

追記:本日そのお母さんより「家の子結局大会に出る事にしたわ」と報告がありました。
親がやんわり静止しようとしてもお嬢さんはやる気満々だったらしい。そんなもんですよね~。
ちなみに二回目練習の時もお父さんこっそり様子を見に行ってたみたいです。お父さん素敵過ぎるvv
そしてなんだか私はほっと安心。我が家のお嬢この報告聞いた時凄く喜んだし。折角友達になりかけてるし。一緒に楽しんでくれたらいいのにとひっそり願ってたんだ。

あなたの周りにもたまちゃんパパいませんかぁ~
宜しければぽちっとお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

74tama

Author:74tama
2002.7.19生まれ.のんびりマイペースな9歳女子と
2007.5.22生まれ.せっかちで猪突猛進な5歳男子の
成長観察日記。

いきてます
本宅に書くまでもない74tamaの呟き。 時々鬱イートやボヤキも有ります。
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセク解析
ろうそく足