FC2ブログ

二度の出産を振り返ると

随分対照的だなぁ~と思う。お嬢は陣痛が長くってウンザリしたけど、若は陣痛も楽だったしあっという間に産まれました。まるでデッカイウ〇コ出すみたいに…(下品で失敬)
きっと若の時は経産婦だったからなんでしょうね。それにしてもウ○コって;;;
でもね。そう形容したいのには理由があるんです。

若の時は、きっかり予定日当日に朝微弱ながら陣痛がありました。けれどお嬢の時に陣痛が偉く長かったのが頭にありまして。
初めての出産時は私もどうしていいか分からなくて。我慢できる鈍痛だったんだけど早々と病院へ駆け込んだ。でも子宮口がまだまだ開いてなくて病室で待たされる事になる。
そうすると病室って何にもないから気が晴れない。結局陣痛の痛みばっかりが気にかかり生む前にグッタリだった。

そんな経緯もありまして若の時はギリギリまで自宅待機をしてやった。
出産したらお風呂に入れないからシャワーして(頭は数日触れないと痒い気がして気になったので特に念入りに)
好きなビデオを見ながら気を紛らし。本当にこれでもかというくらいまで待った…というか待てた。それほど陣痛が微弱だったんだよね。
しかし規則的にきてるし、病院にいたほうが何かと家族が安心だと諭され昼頃向かう。

分娩代にのって助産婦さんに見てもらう。
「うーん。子宮口開いてきてるしもうすぐかも知れないけれど。この程度の陣痛ならもうちょっと待つかなぁ~。一回病室戻る?」って事になって。
私も一回目の経験から、正直まだまだだと思ったから「そうですよね~」とか言って余裕カマシテイタノ。
付き添いの義母にも「まだみたいだから、お嬢の幼稚園お迎え宜しく~」とか言って帰って頂き、病室で一人になった時事件は起こった!

前回も同じ病院病室で。
その雰囲気、その匂いが私の脳を刺激して。

突如『モヨオシタ』

本屋で紙の匂いをかぐと便意がぁ!という話を、その時思い出しちゃた。そういう私は本屋で便意はこないんだけど。
(ウ〇コしてぇ…もとい、りきみたい)って、凄くすごーく思ってしまって;;;
つい「駄目ぇ!」との大叫びと共にリキンデシマッタ;;
その声に慌てて看護士さんがとんではいると私のお股から若の頭がコンニチハしてました(テヘッ)
その後、看護士さんに出た頭を押さえて貰いつつ歩いて分娩代へ。想像したら凄い恰好だ((゚Д゚ll))
結果何がなんだか分からないまま結局安産で若誕生。
まだまだと聞かされていた家族は吃驚していたなぁ~。
パパの「ええっ~もう?!」っていう電話口の素っ頓狂な声が印象的。

パパは立会い出産までの根性はないが、分娩室の外でウロウロして出産の瞬間を迎えたい人(どうやら古いホームドラマに感化されまくってるようだ)
お嬢の時は朝から晩まで陣痛でうなされ分娩台に乗ったのが結局深夜だったから、眠くとも分娩室外をウロウロが出来た。
若も陣痛が弱いから多分夕方だろう、だから早めで会社切り上げればいいかと踏んでいたが、とんだ計算違いだった(ちょっと悔しかったみたい)

私もお嬢の時はずっとうなされて分娩室入っても時間がかかり、助産婦さんのアドバイスを貰っても私が上手く出来なくて、痛いわ焦るわでプチパニックを起こしかけたもん。
真夜中だっていうのに派手に叫んだし;;(←その声が凄まじくて外で聞いてるパパは「もう勘弁してやって欲しい」と意味なく願ったそうだ)
挙句の果てに「会陰切開だけは怖くて絶対ヤダーー」とずっと思っていたのに、分娩時「会陰切開しますよーー」と言われた日にゃ~
「ええ(このモドカシサから開放されるなら)もうバッサリといっちゃって下さい」と本気で思ったもん。
実際切った後はすっと楽にお嬢が生まれてくれたし。
ところが若の時は激早っっ。唸る間もなし。

両極端だったよね~。
経産婦は軽いというけどまさにそれ。
でも始めての出産でも軽い人は軽いらしい。
その違いは出産前の適度な運動かなと思ってます。運動って言っても特別な事をする訳ではなくて、(助産師さんやお医者さんのストップがない方ならですけど)とにかく動けるうちはギリギリまで動く。
「動け!」といってもその人その人で妊娠中の身体の状態の違いがあるから一概に言い切れないけれど。

私の場合。一人目は自分でも勝手がわからないし、身体は重いし、ついつい必要以上に身を大事にしてしまった。要は達磨のように殆ど動かなかった。別に病院からのストップがないのに。
お嬢の時は元々子宮口がなかなか広がらなくて、確か広がりやすくするお薬を何回か処方された。
これがまたどっと気分重たくなる薬で更に動くのが億劫にさせていたんだぁ~。

でも二人目は身体が重いから動けない…とは言えない。お嬢の世話で私は働かされ動かされる。
「大丈夫なの?そんなに動いて」と言われたが、正直じっとなんてさせて貰えなかったもん。結局そのお陰で若の時は安産だったけれどね。

病院へ行くタイミングも人それぞれ。
私みたいに陣痛が弱い弱いって余裕かまし過ぎてたら、我が家は危うく想定外の自宅出産だったかもしれないし;;
そう言えば若出産の同じ日に同じ病院で生まれたお子さんがいて。
その人は病院に向かうタクシーで出てきちゃったみたいです、子供が!
多分車の振動が刺激しちゃったんだろうな~
病院でも「何で今日に限ってこんな激早出産なの」と困惑してたのを思い出した。
「月の満ち欠け?」とか言ってたし
気の紛らわせる方法を考えておいておけるなら早めに病院に行ってもいいのかも知れませんね;;;

いろんな出産があるよね~と思われた方
宜しければぽちっとお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

74tama

Author:74tama
2002.7.19生まれ.のんびりマイペースな9歳女子と
2007.5.22生まれ.せっかちで猪突猛進な5歳男子の
成長観察日記。

いきてます
本宅に書くまでもない74tamaの呟き。 時々鬱イートやボヤキも有ります。
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセク解析
ろうそく足