スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋①

11月。
6年生最後の展覧会に行ってきました。
学校の思い出の場所と言うテーマの絵と、12年後の私という工作。

絵は毎日バスケットの練習をがんばっている体育館
床の木目も細かく描かれているし、遠近法も使ってさすが6年生の絵だなと思いました。

工作は12年後の私とゆうか将来なりたいものと言うテーマのようで。
お嬢はパティシエからファッションデザイナーになりたいものが変わっていました

こちらも服をディスプレーする店の木目を楊枝などで傷つけ木の雰囲気を出したり、並べている自分の様子を上手く表現していました。

と、書いたところで疑問に感じませんか?

ファッションデザイナーが服を木目調の棚にディスプレイ?

えーっと。
そーゆーデザイナーさんもいるかもしれませんが。
多分これは店の販売員なのではないかと思う

お嬢、ファッションデザイナーを微妙に間違って解釈しているところがかわいい

3.4年生の時は、創作意欲がわかずなんとなく作ってきたみたいだけど。
5.6年生でまた自信を取り戻したみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

74tama

Author:74tama
2002.7.19生まれ.のんびりマイペースな9歳女子と
2007.5.22生まれ.せっかちで猪突猛進な5歳男子の
成長観察日記。

いきてます
本宅に書くまでもない74tamaの呟き。 時々鬱イートやボヤキも有ります。
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
アクセク解析
ろうそく足
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。